• 文字サイズ

    • 標準

大東よつば病院 地域包括ケア病棟へ施設基準変更のお知らせ

『大東よつば病院 地域包括ケア病棟へ施設基準変更』

大東よつば病院 地域包括ケア病棟へ施設基準変更のお知らせ

新緑の候、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

令和3年2月1日に大分市松岡地区に開院いたしました大東よつば病院は、
地域の皆様、連携医療機関の皆様の温かい御支援をいただき、
許可病床40床すべてを令和3年6月1日より地域包括ケア病棟へ施設基準
変更することとなりました。

関愛会の法人理念である「地域包括ケアの推進」の基、大東よつば病院、併設の老健やすらぎ苑及び
各事業の医療介護一体的な運営により地域の皆様、連携医療機関の皆様方から信頼、安心して
ご利用いただける病院・施設をこれからも職員一丸となり目指してまいります。

今後とも、大東よつば病院、並びに当法人の運営にご指導、ご鞭撻を賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。

地域包括ケア病棟とは

・急性期治療後の患者様の継続治療とリハビリテーション    (ポストアキュート)
・在宅患者や介護施設で療養している患者の急性増悪を受け入れ (サブアキュート)
・在宅療養中の患者様、ショートステイでは対応困難な医療ニーズのある方の受入れ
                              (レスパイトケア)
・多職種による在宅復帰等への退院支援を行います。
入院期間は最長60日

受付案内

〒879-2201
大分県大分市大字佐賀関750-88

  • 097-575-1172
  • メールでのお問い合わせ
このページの先頭に戻る